友人からクラミジアの怖さを伝えられすぐ用意したクラビット

抗生物質のクラビット

有名な抗菌剤として、クラビットをご存知ですか?
細菌等による数多くの感染症に効果が高く、病院などの医療現場でも使われることが多々あります。
性行為につきもののクラミジアですが、この病気にも使用されており、感染症にかかってしまった人にとってはなくてはならないものです。
その他にも膀胱炎や扁桃腺炎など、日常的な細菌による病にも十分に効き目を感じられる薬となっています。

国内で一番多い性感染症がクラミジアなのですが、こんなにも症状が拡大してしまう原因として自覚症状が無いことが挙げられるようです。
この性病は症状が比較的出ないため、私生活に支障が出てきません。その為かかっていることに気付かずいつも通り過ごしてしまう女性が多く、気づけば重症化している、というケースが後を絶ちません。

この上で挙げた抗菌剤以外にも、抗生物質のジスロマックがあります。
風邪などに処方されることが多く様々な細菌に対して働きを見せてくれます。
このジスロマックもマイコプラズマや、上記で言ったクラミジアなども同様の効果があるようですね。

このような抗菌剤の代表的なクラビットやジスロマックですが、今では主成分をもとに後から開発された後発薬も販売されています。
先発薬と同じような効果を、通常よりも安く買うことが出来るため魅力的ではありますが、やはり先発薬の安全性には敵わないでしょう。

近年性行為を安易に捉える人が増え、20代を中心に性病に悩んでいる人は少なくありません。症状に気づいてからでは遅いのです。
性病にかからないことが最大の方法ですが万が一に備えてパートナーが2人や3人以上いる方は、日ごろから抗菌剤を手元に持っておくことが大事だと考えます。
安全に楽しく、そしてお互いが納得いくような行為ができるよう心がけて頂きたいですね。
そしてクラビットなどの薬を服用する際は、素人である自らの判断に任せず分からない点がある際は、必ず医師などにお尋ねすることをお勧めします。